【S30使用構築】独りぼっちの部屋でイベルダイナ【最終189位】

構築概要・結果

 

 

 結果
TNアティーク 最終189位(レート1925) 65勝35敗

TNハノ 最終228位(レート1913)

 

はじめに

はじめましての方ははじめまして。アティークです。

S9ぶりにレート1900を達成し、最高最終順位も更新することができて嬉しいです!

珍しいポケモンはいないですが、良かったら見ていってください。

構築経緯

ザシアン以外の禁伝が使いたくなり、構築記事を読んでいて、型の匿名性が高く想定外の火力を押し付けられる眼鏡ムゲンダイナを使おうと考えた。

次にムゲンダイナをこだわらせるため、ザシアンに対して引き先になれるヌオーを、ヌオーが特殊アタッカーと対面した際に引き先になれるラッキーを採用した。

ここまでで、ダイマックスを切って強いポケモンがいないため最初は命の珠をネクロズマ日使っていたがダイマックス中にSをあげられないのが弱いと感じたこと、黒バドが多く立ち回りにくいと感じたことから、タイプ一致でダイジェットが打てて黒バドにも強いイベルタルを禁伝枠として採用した。

最後にヌオーが選出できないときのザシアンやゼルネアスあたりが厳しかったためメタモンを採用し、ダルマ・マンムー等の氷タイプが厳しかったため最後の枠にウーラオス水を採用して構築が完成した。

個体紹介

イベルタル

持ち物:命の珠

性格:ひかえめ

特性:ダークオーラ

実数値:201-×-127(92)-201(252)-118-140(164)

技構成:あくのはどう / デスウイング / ちょうはつ / ねっぷう

調整意図

特化ザシアンのきょじゅうざん+珠ダメ大体耐え
特化日ネクの+1珠ダイロック最高乱数切り耐え

この記事(S27使用構築 追い風カバザシイベル 最終2114-6位 - 日録 (hateblo.jp))のパクリ
※無断転載のため問題があれば削除します

ダイマックスした時のパワーが最強のポケモン。ザシアンに勝てるように特殊型で採用した。

ムゲンダイナと組んでいるため物理型と勘違いされることが多かったり、環境から減っていて対策が薄かったりでバンギラスがいる構築以外にはかなり通しやすかった。ほとんどの試合でダイマックスを切っていたため、イベルタルをどう通すかを常に考えていた。

技構成はタイプ一致のあくのはどうデスウイング、ザシアンをダイバーンで倒せるねっぷうまで確定とし、最後の枠はダイウォール媒体にできて、ラッキーやジカルデに打てるちょうはつを採用した。構築でバンギラスが重いため気合玉を入れることも考えたが、ダイウォールが打ちたい場面が多かったためちょうはつで正解だったと思う。ふいうちが欲しい場面はほとんどなかった。

あくは怯みが欲しい場面で怯ませてくれて、マヒしてても動き続けてくれた最高のポケモンだった。

選出率:1位(以下,選出率は全て体感です)

ムゲンダイナ

持ち物:こだわりメガネ

性格:ひかえめ

特性:プレッシャー

実数値:215-x-115-216(252)-116(4)-182(252)

技構成:ダイマックスほう / ヘドロウェーブ / かえんほうしゃ / りゅうせいぐん

調整意図
CSぶっぱ、あまりd

Dに厚いカバルドン等を倒すため控えめで採用。遅いザシアンを抜けるように準速とした。

技構成は相手の初手ダイマアタッカーに打つダイマックスほう、ゼルネアス等に打つヘドロウェーブ、上記2つの技が通らない鋼タイプに打つかえんほうしゃカバラグあたりに打つりゅうせいぐんの4つとした。技構成はこれで完結しているが、追加効果狙いでヘドロウェーブヘドロばくだんにしても良いかもしれない。

初手に投げて高火力を押し付けるのも強かったし、イベルタルのダイアークでDを下げてから切り返しのダイマックスを破壊する動きも強かった。

選出率:2位

ヌオー

持ち物:ゴツゴツメット

性格:わんぱく

特性:てんねん

実数値:202(252)-105-150(252)-×-86(4)-55
技構成:じしん / あくび / まもる / じこさいせい

調整意図
HBぶっぱ、あまりd

最強のザシアン受け。ラキヌオーアンチだったがムゲンダイナを拘らせる関係上必須だった。

ゴツメダメを1回入れることでムゲンダイナの眼鏡かえんほうしゃで大体のザシアンを落とせるようになるため持ち物をゴツメとした。

技構成は再生技のじこさいせい、対面操作が可能なあくび、ダイマ枯らしに使えて相手があくびで眠らせてくるタイミングで打てると強いまもる、ザシアンに抜群で入るじしんの4つとした。

ちゃんと使えれば強いはずだが、扱いが下手すぎて選出した時の勝率がめちゃくちゃ低かったため、あまり選出できなかった。

選出率:6位

ラッキー

持ち物:しんかのきせき

性格:わんぱく
※ずぶといの方が良いです(ちきゅうなげを採用していた頃にダイナックル意識でCに下降補正をかけていた)

特性:しぜんかいふく

実数値:345(156)-×-62(252)-×-138(100)-70

技構成:タマゴうみ / あまえる / でんじは / ステルスロック

調整意図
HB ウーラオスの特化インファ確定耐え
余りD

最強の特殊受け。クソピンクハゲナスビポケモン

技は回復技のタマゴうみ、物理を詰ませるあまえる、S操作のできるでんじは、有利対面で暇になったときにサイクル有利を取れるステルスロックの4つとした。地球投げを打ちたい場面がなかったためノーウェポンとした。

みがわりがめちゃくちゃつらいがうたうを採用していないのは褒めてほしいw。

選出率:5位

メタモン

持ち物:こだわりスカーフ

性格:おくびょう

特性:かわりもの

実数値:155(252)-x-x-x-x-110(252)

技構成:へんしん

調整意図
Hぶっぱ
スカーフ判定用に最速

きつい禁伝であるザシアン、ゼルネアス、ゼクロムあたりのごまかし枠。

順位が上がるまではザシアンをコピーして荒らしてからイベルでダイマを切れば大体勝てた。

上位になるとザシアンのコピーで崩壊しない選出がされるが、ザシアン受けの選出を強要して、ザシアン受けをイベルのダイジェットの起点にする動きが強かった。

選出率:4位

ウーラオス(連撃)

持ち物:きあいのたすき

性格:いじっぱり

特性:再生力

実数値:175-182(252)-120-×-81(4)-163(252)

技構成:すいりゅうれんだ / インファイト / ちょうはつ / アクアジェット

調整意図
ASぶっぱ

本構築のMVP。初手においても詰めに残しても強いポケモン。最速ランドロスの上を取れるよう最速とした。

技はタイプ一致のすいりゅうれんだ、インファイト、先制技のアクアジェットまでは確定とし、最後の1枠をジガルデの起点阻止やカバラグの展開阻止ができるちょうはつを採用した。

選出画面であまり考慮されていないのか、マンムー・ランドあたりと初手で対面して無償で1体持っていけることも多々あった。

選出率:3位

選出

基本はイベルタルを通すことをまず考えて残りの2体を考える。

 

VSバドレックス黒ザシアン

大体ウーラオス水メタモンイベルタルで投げる。

相手の構築のサンダーがザシアン受けに見える場合は、イベルタル+ヌオーラッキーメタモンから2体みたいな選出をすることもあった。

 

VSザシアンカイオーガ

ウーラオス水メタモンイベルタルまたはイベルタルヌオームゲンダイナで投げることが多かった。

 

VSゼルネアス

ムゲンダイナメタモンラッキーを大体投げる。ネクロズマ入りの場合、ウーラオス水ムゲンダイナメタモンと投げてゼルネアスにジオコンを積ませず、ネクロをコピーできるよう立ち回ることも。

 

上記は一例で一般枠によって臨機応変に変えていた。

重いポケモン

ガブリアスガブリアス

初手に来られると襷を盾に大体仕事をされてしまうし、絶対に初手に出てくる。初手にウーラオス水を投げてインファインファでなんとかしていた。

バンギラスバンギラス

イベルタルムゲンダイナどちらでも突破しにくく厳しい。ウーラオス水で処理するのが理想だが、取り巻きを含めると難しく、ラッキーまたはヌオーで詰ませを狙いに行くことの方が多かった。

ミミッキュ

不意に来る剣舞ミミッキュがめちゃくちゃぶっ刺さっていた。ヌオーでなんとかダイマを枯らすかメタモンをうまく使って処理していた。

みがわり+ダイマックスほうムゲンダイナムゲンダイナ

相手のムゲンダイナをラッキーで見ていたためみがわりを張られるとどうしようもなかった。ダイマックスほうがなければムゲンダイナでなんとかする。

最速珠ダイサイコエースバーンエースバーン

相手の初手ダイマムゲンダイナで見ていたため、上からワンパンされてしまうとぐちゃぐちゃにされてしまう。とびはねるを切っていることが多いため、なんとかダイマを枯らしてイベルタルで切り返していた。

おわりに

今期もいつも通り月初はやる気がなかったですが、構築を組んでからは早い段階で2ROMとも3桁に乗せることができました。2ROMあると精神的に余裕ができてガンガン潜れるので、2ROM準備することの大切さを再認識したシーズンでした。

いつもは3桁乗せて満足してるので3桁帯での対戦をほとんどしていませんでしたが、今期は3桁帯でかなりの対戦数をこなすことができ、ほとんど3桁からも落ちることがなかったのでかなり自信につながりました。

最終100位台を取ることができたので、次からはレート2000と最終2桁を目指して頑張りたいと思います。

P.S.
サブロムのTNの由来はナナヲアカリの曲名で、構築名はその歌詞からとっています。本当にひとりぼっちでポケモンやってるんで、だれか構築相談とか乗ってください(切実)

 

何かあればTwitter(@atiek_poke)まで連絡ください.

 

 

【S28使用構築】お祈り初手ダイマホウオウザシアン【最終699位】

構築概要・結果

 

f:id:atiek-poke:20220331212700p:plain

 

 結果
TNアティーク 最終699位(レート1849)

65勝39敗

f:id:atiek-poke:20220401202330j:plain

 

はじめに

はじめましての方ははじめまして。アティークです。

禁伝2体環境2シーズン目、今期もなんとか最終3桁に残れました。今まで最終3桁とった次のシーズンは疲れてポケモンしておらず、今期もやる気がありませんでしたが、適当に組んだ初手ダイマ構築が意外と刺さったので最終3桁まで潜りました。2期連続で最終3桁は初めてなので嬉しいです。

欠陥は多いですが、脳死で動かせる初手ダイマ構築なので良かったら見ていってください。

構築経緯

年度末であまり時間が取れないと思い、来期以降の環境調査に使えそうな機械的に動かせる初手ダイマ構築を組もうと考えた。

初手ダイマ構築は詰め筋を先に考えたほうが良いと思い、対面性能が高いザシアン+イバンミミッキュを1つ目の詰め筋として採用した。
ミミッキュが相手のラスト1体と対面できないとき、高速再生技持ち(特にザシアンを受けられるヌオー等)を残されたとき、2体目にダイジェットエースを展開されてザシアンの上を取られた時などが厳しかったので、低火力ポケモンを起点にできて追い風によるS操作が可能なエルフーンを2つ目の詰め筋として採用した。

次に初手ダイマックスポケモンとしていろいろなポケモンを試す中で、初手ダイマエースにはタイプ一致でS上昇技(ダイジェット、天候系)を打てること、ザシアンに対面弱くないことの2つが欲しいと感じた。さらに、ダイマックス後にS操作ができる(特に電磁波だとエルフーンを活かせる)、有利対面の積み技で圧がかけられるといった要素が+αであるとダイマックスが切れた後に詰めやすいと感じた。以上から禁伝としてホウオウを、一般枠としてサンダー電ランドロス霊を採用して構築が完成した。

個体紹介

ザシアン

持ち物:朽ちた剣

性格:いじっぱり

特性:ふとうのけん

実数値:179(92)-244(252)-135-×-135-189(164)

技構成:きょじゅうざん / インファイト / ワイルドボルト / 電光石火

調整意図
S:最速エースバーン抜き
A:きょじゅうざん+電光石火のリーチをのばすため特化
あまりH

説明不要の最強ポケモン

技構成は相手のダイマックスポケモンと対面しやすいためきょじゅうざんは確定とし、きょじゅうざんを半減で受けてくる相手に刺さりやすいインファイト、ホウオウ・鋼飛行勢に打つワイルドボルト、対面性能を高める電光石火の4つとし、命中不安となるじゃれつくを外した。じゃれをうちたい場面も少なくなかったが、それよりもインファ・ワイボが欲しい場面が多かったため技構成はこれで正解だったと思う。
あとなによりもじゃれ外しに怯えなくて済むのが精神衛生上良かった。

今までHSザシアンしか使っていなかったため、A特化ザシアンの火力が高すぎてびびってた。

選出率:1位(以下,選出率は全て体感です)

サンダー

持ち物:命の珠

性格:おくびょう

特性:静電気

実数値:165-x-105-177(252)-111(4)-167(252)

技構成:ライジングボルト / ぼうふう / でんじは / ねっぷう

調整意図
CSぶっぱ、あまりd

初手ダイマアタッカーその1。ザシアン受けに見えるのかラッキー等をほとんど出されなかったため非常に通りがよく、禁伝レベルの活躍をしてくれた。

技構成はダイマックスで火力の出るライジングボルトとぼうふうは確定とし、ザシアンに打てるねっぷうとダイマックスが切れた後に相手のSを下げられるでんじはを残りの2枠に採用した。HDに厚いザシアンが少なくねっぷうを打つ機会がほぼなかったため、羽休め、かいでんぱやみがわり等でもよかったかもしれない。

でんじはを打つからあまり静電気まひを引いた記憶がないが、今期最終戦は1回引いた後にまひビンとして投げてちゃんと相手のザシアンをまひらせてくれた。

選出率:4位

エルフーン

持ち物:食べ残し

性格:おくびょう

特性:いたずらごころ

実数値:145(76)-x-114(68)-105(60)-115(156)-170(148)
技構成:ムーンフォース / やどりぎのたね / みがわり / おいかぜ

調整意図
H:残飯効率の高い16n+1の中である程度低め
HD:特化オーガの雨しおふき確定耐え、無補正252サンダーのボルチェンを身代わりが確定耐え
C:H252サンダーの身代わりをムンフォで確定で割れる
S:最速ガブリアス抜き
あまりB

本構築のMVP。初手ダイマで暴れたあとにでんじはで相手のポケモンをまひらせてみがわりでまひ待ちしてからやどりぎ入れる動きがめちゃくちゃ強かった。

禁伝環境で相手のHPが高いことが多いため、やどみがしてるだけで守らなくても体力がほとんど減らなくなるため、HPを低めにして、メタモン対策や黒バド対策、相手のダイジェットへの切り返しができるおいかぜを採用した。

アッキサンダー相手に羽休めのタイミングでこいつに引くと、電気技をみがわりが耐えるためぼうふう外しを身代わりで待ってはめることができる(舐めて放電打ってくれる相手が多かった)。ヌオー、トリトドンなどの受けポケも再生のタイミングで引くことで相手がみがわりを1発で割れないため、やどみがループにはめることができる。

まひを入れていない場合も、相手のダイマックスターンをみがわりで枯らしてから追い風して相手のダイジェットを無効にしつつザシアンで殴ったり、みがわり連打でスカーフメタモンのPPを枯らしたりといった動きができたので腐ることが少なかった。(これが正しい使い方だと思います。。。笑)

パーフェクトジガルデにやどりぎを入れるとびっくりするくらい体力が回復して楽しい。やどりぎ外しはご愛嬌。

選出率:2位

ランドロス

持ち物:ラムの実

性格:ようき

特性:いかく

実数値:165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)

技構成:地震 / そらをとぶ / 剣の舞 / 岩雪崩

調整意図
ASぶっぱ

初手ダイマアタッカーその2。カバラグへの対策がなかったためラムを持たせて採用。この2体を起点にする試合は少なかったが、いかくで初手ホウオウ、ネクロのAを下げて剣舞してからダイマックスするとかなり荒らすことができる。

なだれでひるませて勝った試合もあったため岩雪崩を使い続けたが、ほぼ相手の2体目がダイマックスしてくることを考えるとS操作という面で岩技を岩石封じにするのもありかもしれない。剣舞へのザシアン後出しがきついので積み技はビルドも一考の余地があると思う。

変えるならこの枠だと思うが、ネクロに薄くなるので変えられなかった。

選出率:6位

ミミッキュ

持ち物:イバンの実

性格:いじっぱり

特性:いかく

実数値:159(228)-156(252)-100-×-129(28)-116

技構成:ゴーストダイブ / みがわり / のろい / かげうち

調整意図
H:16n-1
A:特化
あまりD

ばけのかわがあってなんやかんやできるミミッキュ。先制技、連続技、特性貫通、高速再生技がない相手に確実に勝てる。基本はみがわり→のろい→(イバン)ゴダ→かげで選択すれば良いが、天候ダメ・ステロ・ばけのかわがはがれなかった時の技選択に注意する必要がある。

ラス1に上手く残せずにのろいをすかされることも多々あったが、逆にこいつを信用してれば拾えた試合もあったため、選出画面での試合展開の想定が重要なポケモンだと思った。

自己産色個体使うとポチべあがるから使い得。

選出率:5位

ホウオウ

持ち物:しろいハーブ

性格:いじっぱり

特性:再生力

実数値:181-200(252)-110-×-175(4)-142(252)

技構成:せいなるほのお / ブレイブバード / でんじは / じしん

調整意図
ASぶっぱ

初手ダイマアタッカーその3。

ホウオウをランドロスで見ている構築が多く(自分含め)、Aが下がらなければHBランドでもオボンを持っていないとダイジェットが受からないことに気づき、しろいハーブを持たせた。
初手ダイマイベルのダイアークのDダウン、ディアルガのダイドラグーンのAダウン、ヒヒダルマの岩石封じのSダウン等意外と有効な発動機会が多く、発動して相手が長考しているときにニチャニチャしていた。

技構成は、タイプ一致技のせいなるほのお、ブレイブバードは確定として、サブウェポンは特殊との殴り合いに強くなる地震と構築のコンセプトにあった電磁波を採用した。でんじはの効かないジガルデなどに聖炎を打ちたかったため、フレアドライブは採用しなかった。

しろいハーブのおかげでランドロス入りにも臆せず投げられたのは良かったが、初手に来られると気まずくなる。

選出率:3位

基本選出

ホウオウサンダー電ランドロス霊+ザシアン+エルフーンorミミッキュ

初手ダイマアタッカー3体のうち刺さっている1体+ミミエルフから1体+ザシアンで選出する。
詰めポケモンは相手のダイジェットアタッカーに切り返されず、ザシアンで対処できそうなときはミミッキュを優先し、高耐久が多いときはエルフーンを優先する。
ミミッキュを出したときはラス1をミミッキュとして、エルフーンをだしたときはラス1をザシアンとするよう立ち回る。

ミミッキュを選出すると試合時間が短いが、エルフーンを出して相手の構築に高速再生技持ちが複数対いるときはTODもあり得るので時間を測った方がよい(2敗)。

重いポケモン

マンムーマンムー

初手ダイマアタッカーに氷と岩の範囲がぶっ刺さっているためめちゃくちゃきつい。ホウオウがエッジ+つぶてを有利な乱数で耐え、サンダー電がつらら3発+つぶてまで耐えるため、どっちかを投げてお祈りしていた。

ヒヒダルマヒヒダルマ氷

マンムーと同様。エッジない願望でホウオウでがんぷうを白いハーブで透かすか、ランドロス霊でいかく入れてザシアンに引いてから仕切りなおしていた(唯一の初手ダイマしないパターン)。

カイオーガカイオーガ

水技も一貫しているため初手に来られるのがだいぶきつい。ホウオウで強引にしおふき耐えて削るか、サンダー電で頑張っていたが意外と初手に来ないことが多くなんとかなった。

ガマゲロゲガマゲロゲ

相手のガマゲロゲの初手ダイマで崩壊するが、1回も投げられなかったので当たらないことで対策としていた。

バンギラスバンギラス

サンダー電ホウオウが通しにくいためランドロス霊を通したいが、裏によっては選出がかなり難しくなる。エルフーンいたずらごころも効かないのがきつい。おそらくドサイドンもきついが当たらなかったので問題なし。

おわりに

はじめににも書きましたが今期は年度末ということもあり元々やる気がなかったのですが、初手ダイマを組んでみたら意外と勝てたので結局100戦ほどやってしまいました。

3/29に最終3桁ライン確定したと思い撤退してしまいましたが、今までは最終日に最終3桁ギリギリのところに持って行っていたので、3桁順位からでも1ROMで潜り余裕をもって順位を上げることができたので少しは成長したかなと思います。次は最終3桁確定ラインからも潜れるようにメンタルを鍛えて少しずつでも上を目指せるように頑張ります。

 

 

何かあればTwitter(@atiek_poke)まで連絡ください.

 

【S9使用構築】対面寄りマリヒトム【最終719位(レート1926)】

構築概要・結果

f:id:atiek-poke:20200831223157p:plain

 結果
TNアティーク 最終719位(レート1926)

199勝156敗

f:id:atiek-poke:20200901122409j:image

 

はじめに

はじめましての方ははじめまして.アティークです.
久々にがっつり潜り,序盤〜中盤は順調に3桁を維持していたものの,終盤勝てなくなり5桁まで落ちたりとかなり厳しいシーズンでした.ですが,最後の土日で追い上げ,なんとかレート1900と最終3桁を達成できました.

最後のエースバーン環境でなんとか自分の納得いく結果が出せて良かったです。(エースバーンは使いこなせなかった)

構築経緯

ここ2シーズンは,カバルドンを使った展開構築やサイクル構築を練習していたが,前者は100戦くらいして50000位台(マスターあげただけのサブロムは20000位台だったけど笑),後者はポリ2ミラーの不毛さにモチベが下がり1ヶ月で20戦しか潜らないと全く向いていないことがわかった.そのため,対面的な構築を使うしかなかった.また,仕事もある中で多くの対戦数をこなすため,TODにならないような構築を考えた.(TODは0戦)

過去に最終3桁に乗った際にはアシレーヌを軸とした構築を使用していたことから,今回は同じ水・フェアリータイプであるマリルリマリルリを軸とすることを決めた.次に,特殊アタッカーとして上振れの狙えるラムトゲキッストゲキッスを採用した.
次に,ここまでできつい電気の一貫を切るためかたやぶりドリュウズドリュウズを,スカーフパッチラゴンやギャラドスに打点を持てる珠特殊ドラパルトドラパルトを採用.
また,カバルドンやその他ステロをまいてくるポケモンを起点にできるポケモンとして,ラム水ウーラオスウーラオス水を考え,トゲキッスの持ち物をラム→カゴに変更した.
最後に,相手のゴリランダーで崩壊しないようにするかつ最後のお掃除枠としてハチマキハッサムハッサムを採用していた.しかし,ゴリランダーがいないと選出しない&エースバーン環境で鋼2枠はきつく順位が下がりまくったことからハッサム→オボンヒートロトムロトム炎に変更した.この変更が大当たりで一気に順位をあげることができた.

個体紹介

マリルリ

f:id:atiek-poke:20200831223056p:plain

持ち物:とつげきチョッキ

性格:いじっぱり

特性:ちからもち

実数値:191(124)-112(252)-101(4)-×-102(12)-85(116)

技構成:アクアブレイク / じゃれつく / ばかぢから / アクアジェット

調整意図
A:ぶっぱ,S:遅い60族を大体抜けるライン(無振り60族+5),B<D,D偶数(チョッキ効率),あまりH

本構築のエース.環境に多いエースバーン・トゲキッス・ポリ2相手にダイマ同士で殴り勝てる最強ポケモン.詳細はこの記事に書いてあります.
ダイナックルでAを上げて,ダイストリームで雨を降らせてアクアジェットを打つだけで強い.こいつの初手ダイマだけで3タテした対戦も何度かあった.
また,Sはポリ2意識だが,ここまで降ることでアシレーヌ相手に上から2回行動できたり,死に際にジバコやラプラスに馬鹿力を打てたりと良いことが多かった.終盤はゴリランダーが増えたのでダイマ機会は減ったが,ダイマしなくても十分仕事はしてくれた.

ダイジェット採用するくらいならナックルで火力上げてアクジェで殴った方が強いと思う.(はらだいこ型は別)

水・フェアリーは非常に使いやすいため,冠でレヒレが来たら使ってみたいです.

選出率:1位(以下,選出率は全て体感です)

ドリュウズ

f:id:atiek-poke:20200831224059p:plain

持ち物:気合の襷

性格:ようき

特性:かたやぶり

実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252)

技構成:アイアンヘッド / じしん / つるぎのまい / がんせきふうじ

調整意図
ASぶっぱ

明らかに環境に刺さっていなかったが,こいつ抜きでのロトムの処理方法がわからず結局最後まで採用.来期からロトムどう処理しよう.

後出しギャラ相手にがんぷう連打してれば起点にならないのがえらい.大体のエースバーンはがんぷうケアしてダイジェット打ってくるからそれがきつい.珠ダイジェットで半分削れるのおかしい.タイプ相性とは?

最終日にロトムの鬼火よけて返しの地震で落としてくれたMVP. S6の最終戦でもこいつ鬼火よけた気がする.笑

選出率:3位

ウーラオス(連撃)

f:id:atiek-poke:20200831224141p:plain

持ち物:ラムのみ

性格:いじっぱり

特性:ふかしのこぶし

実数値:175-200(252)-120-×-81(4)-149(252)

技構成:すいりゅうれんだ / インファイト / ビルドアップ / かみなりパンチ

※キョダイではなく通常個体

調整意図
ASぶっぱ

いじっぱりにするとビルドアップを1回積むことで,すいりゅうれんだでHBカバが93.7%でワンパン,エースバーンのダイジェットに対してダイサンダーを打つことで93.7%でワンパン(珠ダメ込で確定)で落とすことができる.ただし,このムーブが決まることはあまり多くなく,ウーラオス対面も少なくないため,最速にしてもよいかもしれない.こいつのラムはケアされないことが多く,イージーウィンを量産してくれた.

途中ラム枠をエスバ意識も込みでギャラに変えたりしたが,ドリュでカバを呼んでアッキが発動してから引くことが多かったので,確定急所があるウーラオスの方が使いやすかった.また,こいつの補助技はケアされないため,ダイマしたこいつの前で何体かのスカーフエースバーンが膝を割っていった.

こいつの+1インファでHBポリ2が50%でワンパンできないのバグでは?

選出率:5位

ドラパルト

f:id:atiek-poke:20200831224339p:plain

持ち物:命の珠

性格:おくびょう

特性:すりぬけ

実数値:163-×-95-152(252)-96(4)-213(252)

技構成:りゅうせいぐん / シャドーボール / 10まんボルト / ハイドロポンプ

調整意図
CSぶっぱ,スカーフカセキメラ意識で最速,B<D

テンプレの型だが,普通に強かった. ドリュウズの採用理由と同様に,こいつがいないとウオノラゴン・パッチラゴンの処理ができない.相手にポリ2がいると選出しずらく選出率は1番低い.

カセキメラ意識のりゅうせいぐん,カバとかマリルリとの相性意識でドロポン,ミミッキュが重いのでシャドボ,ギャラドス意識の電気技という構成になった.炎技が欲しい場面もあったがほかの技打つ場合の方が多かったので正解だと思う.ナットレイ入りに初手でだして,炎技ありますよみたいな顔して引かせたこと多数.一応雨ダイストリームで無振りダイマエースバーンをワンパンできるから,ラス1エースバーンぽいときに余裕があれば雨を降らせると良い.

最速にするとミラーの安心感が段違い.同速に勝ったときは,1人で「どうせ最速じゃないでしょ?」と運勝ちじゃない主張していた.

選出率:6位

ヒートロトム

f:id:atiek-poke:20200831225227p:plain

持ち物:オボンのみ

性格:ひかえめ

特性:ふゆう

実数値:157(252)-×-128(4)-147(68)-129(12)-128(172)

技構成:オーバーヒート / 10まんボルト / わるだくみ / あくのはどう

調整意図
Hぶっぱ,B<D,S:準速75族抜き,余りC

この記事(S8使用構築 【最終5位 2203】)の調整丸パクリ(無断転載のため問題があれば削除します).

マリルリとの補完が良く使用感が非常に良いポケモンだった.こいつ入れるまで4桁中盤~後半うろうろしてたけどこいつ入れてから一気に順位をあげることができた.

アッキミミの上から殴れるのでかい.やっぱり強者の調整はすごい.

ポリ2から打点がないことも多く起点にできることも多かった.けど,オバヒでこおり溶けるようにしてください.電子レンジが凍るのおかしい.

強かったが全身急所の敏感くんなのがたまにきず.

選出率2位

トゲキッス

f:id:atiek-poke:20200831225319p:plain

持ち物:カゴのみ

性格:おくびょう

特性:てんのめぐみ

実数値:191(244)-×-115-142(12)-135-145(252)

技構成:エアスラッシュ / マジカルフレイム / わるだくみ / ねむる

調整意図
S:最速,H:奇数最大値,あまりC

最速マジフレキッス.ポリ2を起点にするのはもちろん,マジフレと眠るで相手の特殊ポケのダイマターンを枯らせるのが強かった.

中盤まではあんまり相手を怯ませてくれなかった気がするが,終盤は大事なところで怯ませてくれた.

最終日保存してたら3桁から落ちそうなときに潜った最後の1戦、勝ち濃厚だけど負け筋はある場面を急所で勝ち確にしてくれた神.

こいつの色違いわかりづらすぎる.

選出率:4位

重いポケモン・並び

想定外の型の初手ダイマポケモンエースバーンポリゴン2

引き先がほぼいない構築のため,相手の初手ダイマにこちらもダイマを合わせないといけないのがつらい.特に,特殊エースバーンや両刀ポリ2にはなすすべなく3タテされることも多くあった.

襷カウンターウーラオス水エースバーン

上記とも関連するが初手ダイマをされると負けと思って初手ダイマをこちらがした時に不意にとんでくるカウンターがきつい.受けゴマがいないためダイマを有効活用できないとほぼ負けるため,カウンターでダイマポケモンを倒されるとかなりきつかった.

ミミッキュミミッキュ

エスバ・ゴリラがいないためつらい.大体ウーラオスと一緒にいて,ドリュウズを出しづらいことが多く,残ポケに余裕がないと処理が難しい.

ルンパッパルンパッパ

どう構築組んでもこいつが重くなる.キッスでダイマ合わせないと負けだった.

ゴリランダーゴリランダー+岩タイプバンギラスドサイドン

岩タイプに強いのが水タイプ2匹,ゴリランダーに後出しできるのがヒトム・キッスのみのため上記のポケモン達と並んでいるとつらい.交代読みで上手く削ってここぞというタイミングでヤンキー決めて崩すしかなかった.ポリ2がいなければドラパを上手く使えばなんとかなった.

水・フェアリーの2匹マリルリアシレーヌ

自分でも使ってたが相手にするとめちゃくちゃきつい.対面で弱点つかれないのがマリルリとキッスだけだが,チョッキ持ちが多いためマリルリでなんとかするしかない.

ウォッシュロトムロトム水

ドリュウズでしか弱点つけません.役割集中でなんとかするのでねむカゴはやめてください.

おわりに

構築経緯で展開構築で全く勝てなかったと書きましたが,いろはさんの【永久保存版】上位ランカーがガチで教える『構築の組み方講座』(無断転載のため問題があったら削除します)を見て勝てなかった理由が良くわかりました.結局3桁乗れた2回も強そうなポケモンと相性補完しか考えておらず,プレイングや選出はぶれぶれだったと思うので,環境を考察して強い動きのできる構築を組めるようになりたいです(2ヶ月で環境変わるから社会人にはきつい泣).構築考えるよりも戦う方が好きなのですが,勝てないとやっぱりつまらないので上手く折り合いをつけたいです.つまり,誰か強い構築くだ(ry.

しばらくは仕事が忙しく,ランクマはほどほどになってしまいそうですが,仕事が落ち着いたらまたがっつり潜って,レート2000を目指したいです.最終3桁も2回達成できたし,もうさすがに仕事しながらサブロムを回す時間はないと思うので次は1ROM特攻でも3桁で保存とか考えません.(タブンネ、、、、、)

最終週の土曜に10000位にいても3桁までいけることがわかったので,終盤潜れそうなときは序盤潜れてなくてもモチベ下げずに潜ってみようと思います.

何か質問あればTwitter(@atiek_poke)まで連絡ください.

 

スペシャルサンクス

4桁中盤を抜け出せず撤退しかけてたときに応援してくれたシード窓やFFの方々

 

【S6使用構築】脱・初心者の対面構築【最終537位(レート1995)】

構築概要・結果 

f:id:atiek-poke:20200531183130j:plain

結果

TN アティーク 894位(レート1953)

TN みゃーもり 537位(レート1995)

 

f:id:atiek-poke:20200601182754p:plain
f:id:atiek-poke:20200601182817p:plain

はじめに

はじめまして,アティークと申します.学生生活が一段落した2月(S3)からポケモン対戦をはじめ,4ヶ月目で初めて最終3桁を達成することが出来ました(過去戦績:S3:8061位→S4:3796位→S5:2385位).

ほぼ1シーズンこの構築で戦い続け(ミミッキュの型変更ぐらいしかしてない),愛着がわいている構築なので自己満足で構築記事を書きました. 

構築経緯

アシレーヌの色合いが好きで使いたいと考えて構築を組み始めた.ポケモンをはじめたばかりのため,強いギミックを考えるのやサイクルを回すのは難しいと考え対面構築を作成した.

前期は全く引き先のない構築を使っていたが,初手出し負け=ほぼ負けだったので引き先を用意して,最低限のサイクルは回せるようにした.

前期からBにちょっと振ったチョッキアシレーヌアシレーヌを使用しており,その初手性能の高さから継続して使用することにした.初手にダイマしてくる物理ポケモン(ホルードマンムー等)がきつかったため,それらと対面した際に引けるHBアーマーガアアーマーガアを採用.

次に,この2体に一貫している電気を切るため,ロトムまで倒せるかたやぶりドリュウズドリュウズを,弱保パッチラゴンやみがわり・壁展開に対応できる,すりぬけ特殊ドラパルトドラパルトを採用.

また,対面構築に必須のポケモンとして,ミミッキュミミッキュを採用.最後に,受け回しを崩す駒やあくびループを抜けるかつゴーストの一貫を切れるポケモンとしてラムホルードホルードを採用して構築が完成した.

メンタルがくそ雑魚で技外しにおびえたくないため,仕方がない技(じゃれつく等)をのぞいて命中安定を優先して技を決めた.また,前期はこだわりロックから起点にされて負けることが多かったため,こだわりアイテムは使用しなかった.

個体紹介

アシレーヌ

f:id:atiek-poke:20200531203359j:plain

持ち物:とつげきチョッキ

性格:ひかえめ

特性:げきりゅう

実数値:175(156)-84-105(88)-187(188)-136-90(76)

技構成:なみのり / ムーンフォース / エナジーボール / アクアジェット

調整意図

H: 16n-1

C: 11n

S: 4振りアーマーガア抜き抜き

B:余り (目安:珠以外のドラパルトのダイホロウ(ゴーストダイブ)耐え,ようき鉢巻ダルマのじしん11/16耐え)

初めてぶっぱでもなく調整をパクらなかったポケモン

Bにある程度努力値を振ることで,何もせずにやられることがほぼなくなり,安心感を持って初手に出すことが出来た.

Sもここまで振ることで,急所・ムンフォのCダウンがなければほぼ全てのミラーに勝つことができた.

Cを振り切らないデメリットとして,ダイストリームで珠以外のかわのはがれた非ダイマミミッキュをワンパンできない点がある.(代わりに珠以外なら+2じゃれをダイマで2耐えできる)

みがわり持ちにはエルフーン・ドラパルトなど水半減が多い点,ストリンダーと対面した際に交代読みでばくおんぱを打たれることが多かったため,うたかたのアリアではなくなみのりを採用した.火力と命中意識でねっとう・ハイドロポンプは採用しなかった.

トゲキッスのエアスラではあまり怯まなかったが,ドリュウズギルガルドアイアンヘッドにめちゃくちゃ怯まされた.

ナットレイドヒドイデには何もできないし,カビゴンもきつい

相手の構築にキッスがいるときはこいつのHPを6~7割程度残すことを意識してた.

選出率:1位

ドラパルト

f:id:atiek-poke:20200531203514j:plain

持ち物:命の珠

性格:ひかえめ

特性:すりぬけ

実数値:163-×-96(4)-167(252)-95-194(252)

技構成:りゅうせいぐん / シャドーボール / かえんほうしゃ / 10まんボルト

調整意図

CSぶっぱ 余りB

サイクル構築に不利を取りたくなかったため,タイプ一致技にタイムラグがない特殊型,打ち分けができる珠で採用.火力を重視してひかえめでさいようしたので,ミラー対面はできるだけ作りたくない.相手のラス1がドラパっぽいときは,ドリュウズの襷を大事にしてがんぷうを入れられるようにしてた.

アーマーガア・ナットレイを見たらほぼ確定選出.

ダイウォール用の補助技が欲しかったが切れる技もなくフルアタ構成.

大事な場面で流星を外した記憶がない偉い子.

選出率:2位

ホルード

f:id:atiek-poke:20200531203549j:plain

持ち物:ラムの実

性格:いじっぱり

特性:ちからもち

実数値:175(116)-118(252)-100(20)-×-98(4)-113(116)

技構成:じしん / かみなりパンチ / つるぎのまい / とびはねる

調整意図

この記事(【ポケモン剣盾】最終4位 ホルード入り対面構築【構築記事】)のラムホルードのほぼパクリ.(無断転載のため問題があれば削除します)

元記事ではS+1で100族抜きだったが,準速ラプラスと同速で先にダイアースを打てないことがあったため,Bを削りSを1増やした.

アーマーガアとドヒドイデを択を生まずに打ち抜けるよう,炎技ではなく電気技を採用した.

地面が2枚になり,ドリュウズと役割が似ているため,しっくりこない枠だったが,選出した試合ではほとんど活躍してくれたので最後まで外せなかった.火力はドリュウズより出るため,ロトムがいなければドリュウズより優先して選出していた.

剣舞とダイジェットを積めればほとんど止まらなかった.

選出率:5位

ミミッキュ

f:id:atiek-poke:20200531203631j:plain

持ち物:アッキのみ

性格:いじっぱり

特性:ばけのかわ

実数値:159(228)-154(236)-104(28)-×-126(4)-118(12)

技構成:じゃれつく / シャドークロー / つるぎのまい / かげうち

調整意図

この記事(【ポケモン剣盾】週末大会優勝!気合の襷ナットレイ軸 願い事サイクル(寄稿:澤村)【レンタルチーム付き】)のアッキミミッキュのほぼパクり.(無断転載のため問題があれば削除します)

ミラーを意識してドレインパンチではなくシャドークローを採用 & Aを削ってSに12振りした.けど結局同速ゲーになることが多かった.

最初はチイラの実を持たせて使っていたが,ダイマ適性がなくほとんど選出しなかったため,アッキに変更したら選出率がかなり上がった.

サイクル戦には向かないが,対面的な試合になった時は最強だった.

選出率:4位

アーマーガア

f:id:atiek-poke:20200531203747j:plain

持ち物:オボンのみ

性格:わんぱく

特性:ミラーアーマー

実数値:205(252)-108(4)-172(252)-×-105-87

技構成:アイアンヘッド / ボディプレス / てっぺき / はねやすめ

調整意図

HBぶっぱ余りA(珠ミミッキュをアイヘで倒せるか変わるためあまりはA推奨)

選出画面では全てのドラパルトが特殊型に見えたりして,あまり選出できなかったが,選出画面での圧力はあったと思う.

ほとんど無理な試合をこいつだけで拾うこともあったが,選出が腐ることの方が多かった.

選出率:6位

ドリュウズ

f:id:atiek-poke:20200531203900j:plain

持ち物:気合の襷

性格:ようき

特性:かたやぶり

実数値:185-187(252)-81(4)-×-85-154(252)

技構成:アイアンヘッド / じしん / つるぎのまい / がんせきふうじ

調整意図

ASぶっぱ

対面構築に必須の襷枠.つのドリルが欲しい場面もあったが切れる技がない.

かたやぶりが偉い(クリアボディにがんぷうでS下げ,ばけのかわ・ふゆう貫通等).国際孵化で通常特性が出たためすなかきを使おうかとも思ったが,変えられなかった.ダイマはあんまり切らなかった気がする.

ギャラドス相手に何回がんぷうを外したかわからない(ほんとに命中95だよね?).

選出率:3位 

重いポケモン・並び・構築の欠点

草タイプ全般 ナットレイロトム草ルンパッパフシギバナパンプジンなど

炎技・飛行技がパーティに少なくかなりきつい.ダイジェットのおかげで草タイプが少ない(ナットレイ除く)から割り切っていた.特にルンパッパは無理.

 

ギャラナットヒトムギャラドスナットレイロトム炎

対面構築なのでサイクルが辛い.その中でも特にこの並びはキツかった(多かったから印象深いだけかも).ヤンキー読みを決めまくってなんとかしてたけど,噛み合わないとどうしようもない.

 

HD願い事ピクシー&アーマーガアピクシーアーマーガア

ピクシーをドリュウズで見たいがアーマーガアが辛く,それ以外のポケモンはピクシーが辛かった.

アシレーヌを交代の技受け等でうまく激流圏内に入れてピクシーの突破をはかっていた.

 

構築の運要素が少なく(ドリュのアイへ怯み,アシレのムンフォCダウンくらい),負け確の試合をひっくり返すのはほぼ無理.だが,技外しにほとんどおびえなくて良いのは良かった.

終わりに

序盤で2桁を取れ(下記画像,5/6時点,5/9まで2桁キープしてそのあとはずっとサブロムやって2週間くらい放置笑) ,ほぼ3桁帯で戦い続けられ,2ROMで最終3桁を達成と非常に満足のいく結果となりました.

f:id:atiek-poke:20200531201027j:plain

実況者やTwitterで見かけていた強者の人とマッチングしたり,勝つこともできて嬉しかったです.

レート2000にわずかに届かなかったのでS7は2000越えを目指したいですが,仕事が本格化するので厳しそうです.

今期はいろんな構築をつかってプレイングを向上させて,がっつり潜れそうな時にレート2000を達成できるよう頑張ります.

 

質問等あればTwitter(@ateik_poke)まで連絡ください.

あと,この構築ここ変えたらもっと良くなるんじゃね?とかあったらぜひ教えてほしいです!